求人数が少ない薬剤師の職場にはどんなところがあるか

求人数が少ない薬剤師の職場としては、製薬会社の研究所や大学病院の調剤薬局、医療関係の民間企業などがあります。また、研究職として主に新薬の開発に直接携わる薬剤師は、就職をする際に高度な医薬品に関する専門知識や学位などが必要となることがあるため、求職中にそれぞれの職場で求められている人材について詳しく調べてみましょう。

岐阜県の薬剤師求人の中から働きやすい職場を見つけよう

国内外の有名な製薬会社で研究職に就ける薬剤師は限られている

国内外の有名な製薬会社においては、様々な疾患の治療に繋がる新薬の開発が急ピッチで行われており、高度な専門スキルを持つ薬剤師の活躍に期待が高まっています。そうした中、国内外の有名な製薬会社において研究職として働きたい場合には、求人数が少ないこともあり、スムーズに内定を得るためには、多くの求職者に学歴や職歴など様々な面で勝ることが重要となります。

たとえば、海外の研究機関で長年にわたり医薬品の開発や製造に携わった経験を持つ人や、大学院の薬学研究科で博士の学位を取得した人などは、多くの製薬会社の間で重宝される傾向があります。また、研究職の薬剤師に求められる能力や経験については、製薬業界で働いたことがない人にとって分かりづらいこともあります。

そこで、少しでも研究職の仕事について理解を深めたい人は、就職活動中に薬剤師の有資格者を対象としたイベントなどに参加をして、採用担当者に直接相談をしてみるのも良いでしょう。《詳細:薬局求人

なお、国内の製薬会社の中には、一年を通じて数人しか研究職の新規採用を行っていないところも多くあるため、魅力がある求人を見つけた際は、いち早く採用試験に向けて準備を始めることがポイントです。

大学病院の薬局内では働きながら調剤業務のスキルを磨ける

大学病院の調剤薬局の求人数は全国的にそれほど多くなく、病棟と比べると給料がやや低い傾向があるものの、夜勤や宿直などを担当する機会が少ないため、家庭生活との両立を図りやすいといった利点があります。また、様々な疾患を抱えている患者が訪れる調剤薬局で長く勤めることで、働きながら様々な医薬品の効能や副作用などの知識を得られたり、調剤業務の専門スキルを磨けたりすることがあります。

最近では、薬剤師を含めた医療従事者の教育に力を入れている大学病院の数も増えており、将来にわたり調剤業務を通じてキャリアアップを図ることが可能です。大学病院の調剤薬局に正職員として勤めるには、学歴や職歴などの条件が厳しいことがありますが、若手の人材の受け入れを強化している病院を探すことで、業務経験が少ない人でも安心して働き始めることができます。

もしも、大学病院の調剤薬局の仕事内容や将来性について気になることがあれば、求職者の職場見学を快く受け入れている病院に問い合わせをすることがおすすめです。その他、調剤薬局だけでなく、外来や病棟などでの業務も経験したい人は、数年おきに人事異動の機会がある大学病院を就職先の候補に入れるのも良いでしょう。

医療関係の民間企業は前職の経験を生かして新しい業務に取り組める

医療関係の事業を扱っている民間企業の中には、事業拡大を目的として薬剤師をはじめとした有資格者の採用に積極的なところが目立ちます。特に、多角的な事業を展開している企業においては、薬剤師が前職の経験を生かして新しい業務に取り組みやすい環境が整っており、多くの求職者にとって魅力ある職場として位置づけられることがあります。

また、医療関係の民間企業の求人数は、都市部では増加傾向にあるものの、企業数が限られている地域においては、欠員が生じた時を除いて滅多に求人募集が行われないこともあります。そうした中、民間企業で薬剤師の専門スキルを発揮したい人は、早いうちから多様な人材を受け入れている企業の採用担当者と相談をしたり、志望企業の公式ホームページを通じて求人募集の有無について確認したりすることがおすすめです。

一般的に、医療現場や調剤薬局、製薬会社などのキャリアを持つ薬剤師は、民間企業においても中心的なポジションで仕事をこなすことが期待されることがあります。そのため、採用試験に向けて、自主的に薬剤師を対象とした業務セミナーに出席をしたり、仕事にかかわりがある資格の取得を目指したりすることがおすすめです。

介護施設でもベテランの薬剤師が活躍する場面が増えている

老人ホームやグループホームなどの介護施設においては、認知症や障害などの理由で自分で服薬の管理をすることが難しい高齢者に対応するため、ベテランの薬剤師の受け入れが活発に行われています。こうした施設においては、服薬管理に関する知識や経験があるだけでなく、個々の高齢者とスムーズにコミュニケーションを取れる薬剤師が重宝されています。

また、介護施設の薬剤師の求人数は、介護士や看護師と比べると圧倒的に少ないものの、規模が大きい病院や老人ホームなどでの勤務経験が豊富な人は、高待遇で採用されやすい状況となっています。そのため、医療現場や調剤薬局だけでなく、介護施設の仕事についても関心がある人は、身近なところにある施設で活躍している薬剤師の働きぶりについて、施設見学などのチャンスを利用してチェックすることがおすすめです。

なお、施設によって薬剤師に求める能力や現場内での役割などが異なるため、就職後にミスマッチに悩まされないようにするうえで、求職中に色々なタイプの施設の特徴を調べることが大事です。

仕事探しで悩んでいるときは複数の薬剤師の求人サイトを使ってみよう

薬剤師の仕事選びに悩んでいるときは、多くの求職者が登録している複数の求人サイトを使って、各地で人気のある職場の労働条件や将来性について把握することがおすすめです。サイトによっては、無料でキャリアコンサルタントと相談ができたり、面接のポイントを教えてくれたりするところもあり、就業経験が少ない薬剤師もスムーズに自分に合った職場を見つけることができます。

また、薬剤師の求人数が少ないエリアで就職活動をする場合には、内定を得られるまでに時間が掛かったり、希望条件に合う職場が見つからなかったりすることもあります。そこで、効率良く就職活動に取り組むうえで、数ある薬剤師に人気の求人サイトの中でも、リアルタイムで優良求人を紹介してくれるところや、年会費や月会費が一切発生しないところを探すことが大事です。

その他、求人選びの合間を縫って、既に評判が良い事業所に内定をもらった人の体験談を参考にして、就職活動のコツを掴むのも良いでしょう。